本文へスキップ

ガスト
「ガスバーガー」


7年ぶりに復活!大きなハンバーグを食べるガストバーカーはファストフード店のハンバーガーとは違います。

【広告】

ギャラリー

メニュー(ガストバーガー)

ガスト大好き>ガストバーガー










メニュー(その他)









[スマホでアクセス]
ガスト大好き http://www.good-life.best/gusto_burger.html
■ガスト大好きを検索

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ

注意事項

※当サイトは、ガストが大好きな管理者が運営しており、株式会社すかいらーくホールディングスとは、全く関係がありません。
※カロリー・塩分はガストのメニューに書いてあったもの、原産地はすかいらーくのサイトに載っていたものです。カロリーと塩分は店内飲食なので、宅配・テイクアウトの場合は変わる事があります。
※価格は地域によって違う場合があります(当サイトでは関西の価格を表示しています)
※価格、カロリー、塩分、盛り付けなどが変更、販売終了される場合があります。「食べた日」を参考にして下さい。

ビーフ100%肉汁

ビーフ100%ハンバーグ(約170g)が1枚。
※食べた日:2019年5月21日。

販売期間:2019年5月16日〜2019年7月10日に開催された「肉祭2019」での期間限定販売。
価格:税込1,079円(8%)、1098円(10%)、1,034kcal/塩分4.5g。

※原産地
ビーフハンバーグ:牛肉⇒オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、他。
ガストバーガー

肉ダブル

ビーフ100%ハンバーグ(約170g)を2枚使ったハンバーグ倍盛り。
※食べた日:2019年5月23日。
販売期間:2019年5月16日〜2019年7月10日に開催された「肉祭2019」での期間限定販売。
プラス税込324円(8%)、330円(10%)でハンバーグ倍盛りにできるというメニューです。
カロリー・塩分は分かりませんでした。
※原産地
ビーフハンバーグ:牛肉⇒オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、他。
ガストバーガー

チーズINハンバーグ

販売期間:2019年7月11日〜2021年10月20日。
※食べた日:2019年7月17日、2020年2月18日。

2019年7月11日よりグランドメニューとして販売された「ガストバーカー」
税込863円(8%)、879円(10%)1,248kcal/塩分5.1g。

※2020年6月18日からカロリーと塩分が変わりました。
975kcal/塩分5.0g

※原産地
チーズINハンバーグ:牛肉⇒オーストラリア、ニュージーランド。豚肉⇒アメリカ、カナダ、デンマーク、スペイン

※原産地(2020年6月18日より)
牛肉⇒日本、オーストラリア、アメリカ、その他
豚肉⇒カナダ、アメリカ、日本、その他
鶏肉⇒日本、その他
ガストバーカー

宅配・テイクアウトもあります

ガストバーガー(チーズINハンバーグ)
販売期間:2019年7月11日〜2021年10月20日。
※食べた日:2020年4月13日。

宅配:税込890円(8%)。
テイクアウト:税込809円(8%)。

店内で食べるガストバーガーには、ポテトフライが付いていますが、宅配のガストバーガーには、ポテトフライが付いていません。
ガストバーガー

このページの先頭へ


ビーフ100%肉汁を食べる(具)

2019年5月16日〜2019年7月10日の期間限定で販売された「ビーフ100%肉汁ガストバーガー」。ソースの香りでしょうか?店員さんが持って来た時、少しだけ酸っぱい香りがしました。

ハンバーガーの中にあるハンバーグの事を「パティ」、挟んでいる丸いパンの事を「バンズ」と言います。
そのバンズ、上のバンズは表面は、かためでゴマがたっぷり、下のバンズは柔らかいです。

下の写真はガストバーガーをナイフで切った写真です。
大きな厚みがあるパティの上には「チーズ」と「BBQ(バーベキュー)ソース」がかけてあって、その上に「トマト」「ピクルス」「紫たまねぎ」がありました。

パティの下にはベビールーフの仲間である「ビート」「水菜」がありました。

ガストバーガー

ビーフ100%肉汁を食べる(美味しさ)

ガストバーガーは、そのまま手で持って食べると、BBQソースで手が汚れるので、油に強い「バーガー紙」が付いています。
たくさんの英文字が書いてあるガストのバーガー紙は、ひっくり返しても、同じようなデザイン。このデザイン「アーティクル」と言って、新聞記事や雑誌記事をデザインしたものです。

さらに手の汚れを考えているのか?本来なら、ドリンクバーの場所に置いてある、おしぼりですが、ガストバーガーのお皿に、おしぼりが付いていました。

バーガー紙を使って食べたガストバーガー。固めバンズとゴマの粒々食感に、玉ねぎのシャキシャキした食感。少し酸っぱいピクルスに、BBQソースの甘さが美味しいです。
ファストフードのハンバーガーと違い、厚みがあるハンバーグを使ったガストバーガーは食べ応えがあります。
ガストバーガー

このページの先頭へ


ダブルを食べる(マクドナルドと比べる)

2019年5月16日〜2019年7月10日に販売されたガストバーガーは税込324円(8%)、330円(10%)プラスで、ハンバーグ倍盛りにできます!つまり税込1,403円(8%)、1,428円(10%)になります。

ガストバーガー・ハンバーグ倍盛りはハンバーグ(パティ)が2枚。
同じパティが2枚でもファストフード店の2枚とはボリュームが違います。
下の写真の左はガストバーガー・ダブル、右はマクドナルドの「ダブルチーズバーガー(税込330円(8%)457kcal/塩分2.9g))」。ハンバーグ(ビーフパティ)の量はガストバーガーの1/3ぐらいでしょうか?

ガストバーガー
マクドナルドのダブルチーズバーガーを食べたら、塩味のチーズやケチャップの甘さ、ピクルスの酸っぱさは美味しいけど、肉の味はせず、肉を食べている気分にはなりません。

ダブルを食べる(美味しさ)

パティ(ハンバーグ)が2枚のガストバーガー・ダブルですが、ピクルスやトマト、チーズなどの量は増えていません。ダブルはパティだけ。

食べてみると、ゴマの粒々した食感にオニオンのサクサク食感と、少しだけ酸っぱくて、ソースの甘い味がします。口の中に肉の味がいっぱい広がる。肉を食べているという気分になります。
ガストではパティは「肉汁あふれるハンバーグ」とPRしていたけど、肉汁はあふれないです。。。

肉ダブルのガストバーガーを食べたら、大きなパティが2枚だけあって、お腹が満腹になりました。ごちそうさまでした。
ガストバーガー
税込1,428円(10%)のガストバーガー・ダブル。肉をたくさん食べている満足感は良いけど、ガストで1,428円と言うのは、高く、コスパ的には、おすすめは出来ず。パティ1枚のガストバーガーの方が、おすすめです。

このページの先頭へ


パティがチーズINハンバーグに変更

2019年7月11日に、パティが「ビーフ100%肉汁ハンバーグ」から「チーズINハンバーグ」に変更するなどして期間限定メニューから、グランドメニューの仲間入りをしました。

バンズ(パン)の上にサラダ。その上に、チーズINハンバーグがのっています。ハンバーグはチーズが入っているので、膨らんでいます。

チーズINハンバーグの上からは、甘い醤油の香りがする「てりやきソース」が、かけてあります。
パティ(チーズINハンバーグ)と下のバンズの間にはサラダ。内容は「キャベツ」「紫キャベツ」「人参」「大根」「トマト」「紫芯大根」で、タルタルソースがかけてあります。ガストバーガー
ガストバーガーバンズで挟んで食べるガストバーガー。

ガストのメニューには「飛び出し注意!」と書いてあるので疑問に思いながら食べていると、てりやきソース+タルタルソースと一緒にサラダやチーズINハンバーグのチーズが、落ちそうになりました。(写真)飛び出し注意です。
ガストバーガーを食べてみると、甘口のてりやきソースと、タルタルソースやチーズのトロ〜リ食感、ゴマの粒々した食感、ハンバーグの焦げ目のコロコロ食感、バンズやハンバーグの丁度良い、かたさが美味しいです。

ガストバーガーの挟んであったサラダが、お皿の上に残ったので、箸で食べてみると、トロ〜り、タルタルソースと、てりやきソースの醤油味の甘さで美味しいです。
ガストバーガー

味が落ちた!!

パティのチーズINハンバーグが変更になったのですが、このチーズINハンバーグが、とろけないチーズなど美味しくない⇒ガストバーガーも美味しくない。
詳しくは[チーズINハンバーグ]のページを見て下さい。


安くなった理由

2019年7月11日から販売になったガストバーガーと、それまで(2019年5月16日〜2019年7月10日)のガストバーガー。一番大きな二つの違いは、価格と、パティ(ハンバーグ)。

価格が、216円(8%)220円(10%)も安くする事が出来ました。企業努力。。。ではなく安く出来る理由は「パティ(ハンバーグ)」にあります。

下の写真は、2019年5月16日〜2019年7月10日に販売していたガストバーガーに使っていたパティで「ビーフ100%肉汁ハンバーグステーキ(約170g)」。これは税込863円(8%)879円(10%)します。
ガスト ハンバーグステーキ
2019年7月11日から販売になったガストバーガーに使っているパティは「チーズINハンバーグ」(下の写真)。これは税込647円(8%)659円(10%)で、216円(8%)220円(10%)も安いのです。
ガスト チーズINハンバーグ
パティ、そのものが安いので、ガストバーガーの価格も安くできるのです。

パティ、価格以外に違いは・・・
■「BBQソース」⇒「てりやきソース」
■「マヨネーズ」⇒「タルタルソース」
■「ピクルス」「ベビーリーフ」「紫たまねぎ」⇒「キャベツ」「紫キャベツ」「人参」「大根」「紫芯大根」
■「スライスチーズ」⇒無し

ガストバーガーはライス等が無くても美味しく食べれて、さらにサラダも入っているのでのでコスパが良く、おすすめのメニューです。

このページの先頭へ


クラシックNew

2021年10月21日より、ハンバーグがビーフ100%に変更、チキン南蛮のタルタルソースなどを使って税込20円高くなった「ガストバーガークラシック(税込899円(10%)、1224kcal/塩分4.0g)」に変更しました。
※テイクアウトは828円、宅配は950円です。価格は税込8%。テイクアウト・宅配にはポテトフライが付いていません。

食べた日:2021年11月19日。
この日のガストバーガーは、バーガー紙に包んで出てきました。
ガストバーガー
ガストバーガーバンズ(パン)に挟まれた、ビーフ100%チーズINハンバーグ
ハンズは中種法(なかだねほう)」で作ったブリオッシュ生地。
中種法と、ブリオッシュ生地について詳しい事は「牛カルビ焼きバーガー」を見て下さい。
ガストバーガービーフ100%チーズINハンバーグ。
ハンズに、のせる前、膨らんでいるチーズINハンバーグを平らにした時に、チーズが、はみ出てしまいました。(赤丸部分)

クラシック

チーズINハンバーグの下には、レタス、キャベツなどのサラダとソース。
赤いソースは「ケチャップソース」、白いソースは、チキン南蛮でお馴染みの「タルタルソース」です。
ガストバーガー
食べてみると、上のハンズがサクサクで、甘味があるパン。サクサク食感のサラダに肉を食べている実感があるハンバーグ。チーズのちょっぴり塩味にケチャップと、マヨネーズような味で甘味があるタルタルソースで美味しいです。

下の写真は、ガストバーガーをナイフで切った写真です。
ガストバーガー
ガストバーガーポテトフライはケチャップをつけて。。。
ホクホクのポテトフライに、ケチャップの甘味で美味しいです。

※テイクアウト・宅配にはポテトフライが付いていません。

このページの先頭へ


なぜハンバーガーにポテトフライなのか?

なぜハンバーガーにポテトフライなのか?

以前、TV番組で、マクドナルドが日本に店を出した時、マクドナルドの店員さんが「ハンバーガー、ポテトフライ、シェイクの3点セットで、お客様に勧めるように」と言ったほど、ハンバーガーと言えば、ポテトフライ。

原点はイギリスのファーストフード「フィッシュ・アンド・チップス」から来ているようです。フィッシュ・アンド・チップスは19世紀のファストフード(恐らく、世界初のファストフード)で、白身フライにポテトフライを添えたものです。

ガストバーガー

ハンバーガーにポテトフライはアメリカ人

ポテトフライのジャガイモは、小麦と同じくアメリカにとって生産しやすく、保存期間が長いので安定した供給が出来るから、ポテトフライは、いつでも大量に作る事が出来ます。
アメリカ人にとって、ポテトフライは野菜という認識があり、ハンバーガーでパンと肉だけでなく、野菜のポテトフライを食べるという考えがあるのでしょう。

なぜ日本人は、ご飯に漬物なのか?という事と同じで、アメリカ人の食習慣になっているようです。

下の写真は、ガストバーガーのメニューに載っていた、米国ポテト協会のロゴ。
 ガストバーガー

このページの先頭へ


宅配・テイクアウト

ガストバーガーは、宅配・テイクアウトも出来ます。

宅配:税込890円(8%)。
テイクアウト:税込809円(8%)。

ガストバーガー以外に、お手拭き。そして、なぜか、フォークとナイフが付いています(下の写真)。
ガストバーガー
ふたをあけると焦げるような、美味しい香りがします。
ガストバーガーは、店内で食べる時と違い、最初から、バーガー紙に包んでありました

不満:ポテトフライが無い

しっかり、バーガー紙に包まれている、ガストバーガー。反対側も、しっかりバーガー紙で包まれていて、ソースで手が汚れる事がありません。

食べてみると、サクサクしたサラダの食感と、てりやきソースの甘さで美味しくて、止中からとろ〜りチーズの味が少ししてきて、さらに美味しいです。
ガストバーガー
 ただ、店内で食べるガストバーガーには、ポテトフライが付いていますが、宅配のガストバーガーには、ポテトフライが付いていません・・・不満です。

このページの先頭へ


マクドナルドの高級バーガー

ガストバーガーは、税込1,079円(8%)という、ファストフード店のハンバーガーに比べれば高価なハンバーガーですが、以前、マクドナルドにも、1,000円という、マクドナルドの中で一番、高いハンバーガーがありました。
2013年7月6日、7月13日、7月20日の一日限りという期間限定で販売した高級ハンバーガー。

千円というマクドナルド史上、最高価格のハンバーガーにも限らず、夜には、ほとんどの店舗で売り切れになったそうです。

下の写真は、その高級ハンバーガーの一つ、2013年7月6日の一日限りで販売された「マクドナルド ゴールドリング」
マクドナルド ゴールドリング
 マクドナルド ゴールドリング

マクドナルドの千円バーガーは3種類

マクドナルドの千円ハンバーガーは3種類あり、下の写真は、2013年7月13日、一日限定の「ブラックダイヤモンド」。
ブラックダイヤモンド
下の写真は、2013年7月20日、一日限定の「クオーターパウンダージュエリー・ルビースパーク」。
クオーターパウンダージュエリー・ルビースパーク
販売した時、当時のマクドナルドの原田泳幸会長兼社長は、マスコミの商品発表会で「3商品はあくまでキャンペーン」と、高価格路線への転換ではないと強調した上で「これだけの商品をこの価格、このスピードで30万食も提供できるのはマクドナルドだけ。お客様に比類ない店舗体験を楽しんでいただき、売り上げだけでなく、マクドナルドの魅力向上につながれば」と話していました。
(上記メニューの写真は、私が以前、運営していた「ネットカフェとグルメ」に掲載していたものです)

このページの先頭へ
【↓他のハンバーグのメニュー↓】

(販売終了、メニュー名や盛り付け変更の場合があります)
[1年以上前のメニューは掲載していない場合があります]
[全てののメニューはトップページより見て下さい]
【広告】

このページの先頭へ

ガスト大好き