本文へスキップ




ガスト「マルゲリータピザ」


ガストのマルゲリータピザ。期間限定のテイクアウトで299円!その美味しさ。大きさと厚み。コスパは?宅配ピザのドミノと比べてみた。

【広告】

ギャラリー

メニュー(ガスト)

ガスト大好き>マルゲリータピザ







【注意】価格、カロリー、塩分、盛り付けなどが変更、販売終了される場合があります。「食べた日」を参考にして下さい。

メニュー(その他)






[スマホでアクセス] http://www.good-life.best/pizza_margerita.html
ガスト大好き

■ガスト大好きを検索

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ


価格・カロリー・塩分

食べた日:2018年5月1日。

※2018年4月19日販売開始。

税込647円(8%)、659円(10%)

※2018年4月19日より・・・
1043kcal/塩分4.2g。

※2019年3月7日より・・・
963kcal/塩分4.3g。

カロリー・塩分はガストのメニューに書いてあったものです。


宅配・テイクアウトもあります(299円ピザ)

ガスト 299円ピザ宅配:
税込740円(8%)

テイクアウト:
税込647円(8%)

テイクアウトは消費税が8%なので店内で食べるより少しだけ安いです。

テイクアウトは期間限定で税込323円(8%)になる事があります。

このページの先頭へ


ガスト「マルゲリータピザ」

※食べた日:2018年5月1日。

ガストのメニューには・・・

ガストのピザがリニューアルしました!
ナポリ風・自家製ピザが新登場!
表面はサクッ、中はふわもち。食感にこだわった自家製生地は、飽きのこない美味しさです!
モッツァレラチーズとバジルソースのシンプルな王道本格ピザ!

・・・・と書いてあったガストのマルゲリータピザ。

ピザ生地の上には、白い「モッツァレラチーズ」と、緑の「バジルソース」。
ガスト マルゲリータピザ
ガストのピザには、ピザカッターが付いていますので、自分でピザを切って食べます。

ピザのミミは、サクサクです。
しかし、このミミの部分が、2019年ごろから小さく(厚みが薄い)なってきました。
 ガスト マルゲリータピザ
ガストのピザは厚みが薄いので、ピザの生地を丸めて、箸で食べました。丸めて食べるとピザが厚くなってモチモチ感アップ!箸を使うので手が汚れません。
ガスト マルゲリータピザ
食べきれずに残してした場合、残したピザは持って帰る事が出来るので、店員さんに持ち帰り用の容器(下の写真)を持って来てもらいましょう。容器代は無料です。
ガスト ピザ

宅配・持ち帰り

※食べた日:2020年4月26日

ガストのマルゲリータピザは、宅配や持ち帰りがあって、宅配ピザのように、専用の箱に入れてくれます。
ガスト マルゲリータピザ
今回はテイクアウト(299円ピザ)で購入。ガストのお店から自宅まで、車で約5分ですが、家に着いて、箱を持つと温かいです。

店内で食べる時は、ピザカッターが付いていて自分で切って食べますが、宅配・テイクアウトに場合は、調理する人が切ってくれます。

食べてみると、モチモチして焦げ目が香ばしく、とろ〜りチーズの食感。さらにバジルの風味とチーズの甘さ+塩味が美味しいです。
ガスト マルゲリータピザ
店内で食べる時はドリンクバーの場所等にタバスコが置いてありますが、宅配・テイクアウトの場合は、タバスコが付いてきます。

このタバスコ。2020年5月中旬から宅配、テイクアウトのピザに付いてくるようになりましたが、それまでは、ハバネロソース(下の写真の青枠内)でした。

今回食べたマルゲリータピザの半額(299円ピザ)キャンペーンが4月23日〜5月13日だったのに、突然5月7日で終了(店内での飲食可能)。5月14日から半額キャンペーンになったマヨコーンピザにはタバスコに変わりました。

13日よりも前に終了したのはハバネロソースが無くなったから???・・・私の想像ですが、突然ハバネロソースからタバスコに変更になったのが怪しいです。
ガスト 宅配ピザ
今回のマルゲリータはハバネロソースだったので、ハバネロソースをかけて食べてみると、ツーンとした酸っぱい匂い。最初は少し酸っぱいけど後から口の中から喉にかけてが辛くなる。モチモチ食感はあるけど、食べた後も辛さが残るので辛さを楽しみたい方に、おすすめです。

このページの先頭へ


ドミノピザと比べる。マルゲリータピザとは?

マルゲリータピザは、他の宅配ピザ店からも出ているので、ドミノピザと比べてみました。
下の写真の左がドミノピザ、右がガストのマルゲリータピザです。
ガスト マルゲリータピザ ガスト マルゲリータピザ
ドミノピザの宅配の価格は「Mサイズ税込1944円(8%)」。ガストの宅配の価格は「税込740円(8%)」です。
食べた感想ですが、ガストの方が、生地のモチモチした食感が美味しいです。味は、ドミノピザの方が、トマトの、みずみずしさと甘さが美味しいです。
ガストのピザ生地に、ドミノピザのチェリートマトをトッピングすれば、一番美味しいかな?
生地の美味しさと価格を考えたら、ガストの方がコスパが高いです。

 ガスト マルゲリータピザピザで御馴染みのマルゲリータ。
「マルゲリータピザ」とは、緑色、白色、赤色の材料を使い、イタリア国旗(左の図)を表したピザです。イタリアのマルゲリータ王妃が、ナポリを訪れた時に、ピッツァ職人がイタリア国旗を表したピザを出した事から、緑色、白色、赤色の材料を使ったピザを「マルゲリータピザ」と呼ぶようになりました。
その事から、バジル(緑)、チーズ(白)、トマト(赤)などを使ったピザをマルゲリータピザと呼びます。

ピザの大きさを測る

ガストのマルゲリータピザ。テイクアウトのピザの大きさを測ってみました。

(2020年4月26日)

ガストのメニューによれば「直径:約24cm(1〜2人前)」と書いてあります。

実際に測ってみると、24cmでした。
ガスト マルゲリータピザ
宅配ピザと比べてみると(各宅配ピザ・サイトに書いてあったものです)・・・

ドミノピザ:Mサイズ(約23cm)1〜2人分
ピザーラ:Mサイズ(約25cm)2〜3人分
ピザハット:Mサイズ(約26cm)2〜3人分

ドミノピザは、15年ぐらい前(2005年ごろ)のサイズは25cmぐらいあったのですが、価格そのままで大きさが小さくなりました。

このページの先頭へ


製造の秘密

2018年5月22日放送・テレビ朝日系列「ソノサキ 〜知りたい見たいを大追跡!〜」によれば・・・

ガストでは2年間の期間と8億円をかけて開発した製造ライン380mのピザマシーンを使った工場でピザを作ります。
最初にピザ生地をこねる機械で7分半、練ります。ピザ生地のベースは「小麦粉」「油」、さらに酵母の一種で香りを良くする以外に、焼き目をカリッ&食感モチモチする「ルヴァン粉」を入れます。

約100kgのピザ生地の塊(約470枚分)をローラーで薄く伸ばして200gにカットした後、手こねのように、こねるように27回こねて、肉まんのような形になります。
肉まんのような形のピザ生地に、小麦粉をまぶして「レストコンベア」とう場所に入り、厳密な温度管理で30分、発酵させます。
発酵した後、ローラーでプレスして、ピザらしい、薄い円盤になります。その後、立体的で横穴が開いた、デコボコのミミの部分を機械で作るのです。
その後、オーブンで、ふっくら焼き上げます。

(ここで全行程の半分が終了です)

焼き上げた後も

オーブンで半分だけ焼き上げた後、瞬間冷却装置で、ピザ生地を凍らせます。
凍らせた後に、チーズとトマトソースをかけるのです。冷却した後だと、ピザ生地にトマトソースが染み込まないので、店内でトマトソースをかけたのと同じ状態になり、店内での手間が省けます。
チーズは伸びやすい「モッツァレラチーズ」、香りが出るように「ゴーダ」と「サムソー」。3種類のチーズを使って、ピザ生地にチーズをのせます。チーズの量は、以前のピザに比べ10%増量。
最後に袋詰めして、ガストの店に行きます。

店内で注文があってから、白いモッツァレラチーズなどのトッピングをして約3分半で焼き上げるのです。

ルヴァン粉とは・・・

ルヴァン(levain)はフランス語で「発酵種」という意味で、基本的には粉と水だけで作る天然酵母。発酵に時間(4〜5日)が、かかりますが、粉と水だけで発酵させるので美味しいパンが出来ます。家庭では大変ですが「自然発酵種発酵機」という機械があります

【他のピザのメニュー】

(販売終了、メニュー名や盛り付け変更の場合があります)
【広告】


このページの先頭へ

ガスト大好き